脱毛ってどうやるの?

大阪でメンズ脱毛をしたいと思っている方の中には、脱毛にどのような方法があるのかご存知ない方もいると思います。そこで、脱毛法ごとに特徴やメリット、デメリットについてご紹介していきます。

メンズ脱毛の方法とメリット・デメリットについて

エステサロンで受けられる光脱毛

光脱毛は現在主流となっている方法で、成長期の毛に対して光を照射することで、毛を成長させる毛母組織や毛乳頭にダメージを与えて毛の成長を抑制します。

光はメラニン色素にのみ反応するもので、毛の中にあるメラニン色素に吸収され、その周囲の毛を成長させる組織を破壊して発毛機能を衰えさせるというメカニズムです。

エステサロンでの脱毛はお肌に負担が少なく、光を照射することによって毛穴の引き締めが行えるという特徴も。サロンによっては美肌効果のある施術を同時に行ってくれる場合もあります。

【メリット】

  • 肌への負担が少なくてマイルド
  • お肌の引き締め作用が期待できる
  • 痛みはほとんど感じられない
  • 最も料金が安価
  • 施術時間が短い

【デメリット】

  • 他の方法より脱毛効果は低め
  • 施術回数が必要になる

光脱毛がおすすめな人と注意点

光脱毛は医療レーザー脱毛やニードル脱毛と比較すると、痛みがとても少なくて済むので痛いのは苦手だという人に特におすすめの脱毛法ですね。照射面積も広く1度の施術に必要な時間もそれほどかからないので忙しい人にもおすすめです。また、費用も安価なので安く脱毛をしたいという人にも向いています。

光脱毛の注意点は、産毛や色の薄い毛には効果が期待できないという点。永久脱毛ではないという2点です。位置づけとしてはあくまで「減毛」であることは忘れてはいけません。とはいえ、何度も光脱毛を繰り返すことによって永久脱毛に近い効果が期待できるということは間違いありません。

クリニックで受けられる医療レーザー脱毛

クリニックで行う医療レーザー脱毛は光脱毛と同じく、毛母細胞に働きかけることによって発毛機能を衰えさせ、脱毛効果を発揮します。 光脱毛と違うところは、レーザー脱毛の方が照射するときのパワーが強いということ。

また、光脱毛とは波長の範囲も異なり、狭い範囲に対して強いパワーを発揮するのが特徴です。パワーが強いため光脱毛より痛みも強く、肌にダメージがある場合もあります。

【メリット】

  • 光脱毛より脱毛効果が高い
  • 少ない回数で効果が期待できる
  • 施術時間が短い

【デメリット】

  • 料金は光脱毛よりも高め
  • 痛みが強い
  • 肌に負担が大きい場合もある

医療レーザー脱毛がおすすめな人と注意点

「脱毛効果が高く、万が一のときには適切な対処してもらえる安心できるところが良い」という人は、医師による施術を受けることができ、もしものときには適切な処置をしてもらえる医療機関で行う医療レーザー脱毛がおすすめです。医療レーザー脱毛は料金も高く、痛みも強い脱毛法ですが、効果が現れるのも早く1度の施術で永久的な脱毛効果が期待できます。

注意点としては、産毛や色の薄い毛には高い効果が期待できない。料金が高い。痛みを伴う。日焼けをしている場合には施術が行えない場合があるという点です。

クリニックで受けられる美容電気脱毛

美容電気脱毛もクリニックで行われている脱毛法で、毛穴の中にある毛包一つ一つに針を刺し、その針先に電流を流すことによって毛を成長させる組織を破壊します。

光脱毛とレーザー脱毛は、発毛の機能を衰えさせる方法ですが、美容電気脱毛は組織を破壊してしまうため、最も脱毛効果が高いと言われています。

その効果の高さから美容電気脱毛は永久脱毛も可能ですが、その分痛みも強く、人によっては耐えられないほど痛みを感じるようです。

【メリット】

  • 最も脱毛効果が高い方法
  • 永久脱毛が可能

【デメリット】

  • 痛みがかなり強い
  • 料金は高め
  • 施術に時間がかかる

美容電気脱毛がおすすめな人と注意点

美容電気脱毛は痛みを伴う脱毛法ですが、確実な効果が期待できるので光脱毛やレーザー脱毛ではあまり効果を感じることのできなかった人におすすめの方法です。その他、地肌が黒い人。濃い毛を間引いて薄くしたい人。1度の施術で高い脱毛効果を実感したい人におすすめの脱毛法です。

注意点としては、一気に広範囲の脱毛には向いていない。痛みが強いので痛いのが苦手な人には向いていないという点です。

クリニックで受けられるニードル脱毛

ニードル脱毛は、極細い絶縁針を毛穴の1つひとつに毛根部分に直接届かせてから、電流を流すことによって毛根にダメージを与えて脱毛させるという仕組みです。

ムダ毛が生えている方向に向かって針を差し込むのが良いとされているので、ニードル脱毛の前にはムダ毛の処理を行わないのが一般的です。ニードル脱毛は高い永久脱毛効果があることでも知られていますが、1つの毛穴に対して電流を流す時間が10秒~20秒と長いので強い痛みを感じる施術方法でもあります。

ニードル脱毛の施術を行うには資格が必要なために、どの脱毛サロンでもニードル脱毛の施術を受けられるとは限りません。また、資格が必要な施術ということもあって、高い技術レベルが要求されるので、施術者の経験や技術レベルによっても痛みを感じる度合いは大きく異なってくるので慎重にサロンを選ぶ必要があります。

【メリット】

  • 高い永久脱毛効果
  • デザインを整えやすいのでヒゲ脱毛には最適
  • 白髪(老化によって白くなった毛)にも効果がある

【デメリット】

  • 施術の際には強い痛みがある
  • 施術に要する時間が長い
  • 費用が高い

ニードル脱毛がおすすめな人と注意点

ニードル脱毛は1本1本狙った通りの脱毛が行えるので、細かいひげやまゆ毛などデザイン性が求められるメンズ脱毛に最適な方法です。また、レーザー脱毛と異なり白い毛や、色素沈着している部位、タトゥーを入れている部分などでも脱毛することができるので、レーザー脱毛では脱毛することができなかった人には特におすすめの方法ですね。

狭い範囲でも効果的に脱毛することが可能なので、指毛など範囲の狭い箇所にも有効です。

注意点としては、1本ずつの値段となってしまうので施術範囲が広くなると高額な費用が必要となってしまうという点。1回の施術時間が長時間となってしまう点。施術の際に強い痛みに耐える必要があるという点の3つです。

【参考】

料金・特徴・評判をチェック!

大阪で評判の
メンズ脱毛サロン5