メンズ脱毛もセルフケアでだいじょうぶ?

メンズ脱毛をする人も増えてきましたが、大半は「セルフ脱毛」ですませているようです。

セルフ脱毛というのはムダ毛処理を自分ですることです。わざわざサロンに行かずに、自分の空いた時間で気軽にできるメリットがある上、まだまだ男性が美容サロンに行くことに抵抗があり、多くの男性がセルフ脱毛をしているようです。セルフ脱毛にはどのような種類があり、どのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていきましょう。

セルフ脱毛の方法1.:カミソリ

カミソリはひげそりにも使われるため、わざわざ購入する必要もなく、コスト面からもメリットがあり手軽に始められる方法です。また広範囲の毛を短時間で処理できますが、うっかり刃で皮膚を傷つけてしまうことがあります。 毛の向きの反対に剃る、錆びた古いカミソリを使う、お風呂に入って使うなどが原因で、必要以上に皮膚の角質は脂質を取りすぎて乾燥してしまう可能性があります。新しいカミソリをつ使い、セルフ脱毛のあとにしっかり保湿するなどアフターケアをしなくてはいけません。

しかし、しっかりケアしてもカミソリ負けが起きる場合もあります。角質の表面が傷ついて細菌が増え、炎症がおきる「尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)」という状態を一般的にカミソリ負けと呼んでいますが、そういう状態になると治癒にも時間がかかるので注意が必要です。

セルフ脱毛の方法2.:毛抜き

毛抜きを使って一本ずつ除去する方法は、長い期間にわたり毛がはえてこなくなるメリットがありますが、自分で1本1本抜いていくのはかなり痛みがともないますし、広い範囲の脱毛には適当ではありません。 また、毛を抜いたあとに毛穴の中に細菌が入り込んでしまうことがあります。細菌によって炎症が起こり、毛穴に白い膿が溜まり、毛嚢炎( もうのうえん )と呼ばれる症状を呈します。清潔にしていても起こることがある、かなり頻繁に見られる症状です。

また、カミソリを使った場合にもいえることですが、埋没毛(まいぼつもう)という状態になることも、しばしば見られるトラブルのひとつです。埋没毛とは埋もれ毛とも呼ばれる症状で、カミソリや毛抜きで毛穴やその周辺が傷ついたときに、皮膚が再生するためにかさぶたをつくり、毛穴が閉じてしまいます。そのために新しい毛が外に出られなくなり、毛穴の中で炎症を起こしてしまうことがあります。

セルフ脱毛の方法3.:薬剤を使う方法

薬剤には、除毛クリーム・抑毛ローション・ワックスなどがあります。

除毛クリーム

除毛クリームは広範囲の除毛をするときに、すみやかにできます。除毛したい部位にぬり、しばらくして洗い流すだけですから、カミソリのように刃で肌を傷つける可能性はありません。ただし、毛を溶かしてしまうほど強力な化学物質を使っているのですから、肌への負担は当然考えられます。すこしでも異常を感じたらすぐに洗い流してしまいましょう。処理後のケアも忘れないようにしないと、肌荒れの原因になるかもしれません。刺激のある薬剤を使っていますから、フェイス脱毛には適していません。

抑毛ローション

抑毛ローションはイソフラボンというような女性ホルモンに似た成分を使用し、発毛しにくくするローションです。ほかの薬剤に比べるとおだやかな成分配合ですから、肌トラブルが起きる可能性は低いようです。しかし、あくまでも、「発毛を抑える」だけの効果ですから即効性はありません。長期間にわたって使用すると効果があるようです。ただし、個人差がかなりあり、まったく効果が出ない人もいます。

脱毛ワックス

女性のヴィーナスラインも脱毛できるブラジリアンワックスなど、最近は肌が敏感な部分にも使用できるワックスも多くなってきました。とはいえ、毛抜きをするのですから、前述した毛抜きをしたために起こりうる「埋没毛」や「毛嚢炎」などの肌のトラブルが絶対起きないとは言い切れません。 どの薬剤を利用するにせよ、アレルギー症状の現れる可能性は常にあります。また何度も皮膚に刺激をあたえていると、メラニンが生成されやすくなり色素沈着により黒ずんで来ることがあります。

セルフ脱毛の方法4.:セルフ脱毛器

家庭用のセルフ脱毛器もだんだん進化しています。使い方も簡単ですし、いつでも気軽にできるメリットがあります。

広告の機能のところを読むとサロンにある機械と同じような感じですから、セルフ脱毛器があればいいのではないかと思いがちです。 しかし、機能は同じでも、出力に差がありますから、脱毛するのに時間が余計にかかってしまいます。長時間照射しているとお肌への影響も心配です。

また、自分では見えない部位や手が届きにくいところなどはうまく脱毛ができないかもしれません。また、サロンで処理してもらうよりリーズナブルだと思っていたら、消耗品が意外に高価な機種もあります。 以上のようにセルフケアの方法もいろいろありますが、安全性と仕上がりの美しさを考えるとやはりサロンでしてもらうのがいいようです。大阪にはメンズ脱毛のサロンをチェックしてみましょう。

料金・特徴・評判をチェック!

大阪で評判の
メンズ脱毛サロン5